ホーム > 最新情報 > 催し物

「第34回 江戸落語を食べる会」(五街道雲助)開催のお知らせ

7月の「江戸落語を食べる会」は、初登場の五街道雲助師匠で、切れのある江戸言葉は、古典落語の正統派。

今回の演目は、夏らしく三遊亭圓朝の怪談噺。
歌舞伎でも馴染みの『怪談乳房榎』の前半から『おきせ口説き』。

紫綬褒章の“名人芸”で、暑い盛りに“怪談噺”を楽しむ、この季節ならではの催し!
噺の後には、歌舞伎座厨房特製の「幕の内弁当」をご用意。
お食事処「花篭」で楽しい一時をお過ごしください。

■出演
【五街道 雲助(ごかいどう くもすけ)】
昭和43年2月明治大学中退後、十代目金原亭馬生に入門
      前座名「駒七」
昭和47年11月二ツ目昇進 「五街道雲助」と改名
昭和56年真打昇進
平成26年第64回芸術選奨 文部科学大臣賞受賞(大衆芸能部門)
平成28年紫綬褒章受章


■演題
『怪談乳房榎』おきせ口説き

■料理
「幕の内弁当」

■日時
平成29年7月31日(月)開場18時/開演18時30分

■場所
歌舞伎座3階『お食事処 花篭』
東銀座駅(日比谷線・浅草線)
周辺案内図
※当日は歌舞伎座正面玄関からの入場はできません。GINZA KABUKIZA地下2階木挽町広場セブン-イレブン前の通路突き当たりのエレベーターより3階までお越し下さい。
また、歌舞伎座タワー入口からもご利用いただけます。(昭和通り側の赤色のエレベーターです)


■会費
7,000円 (落語2席・食事・お土産・税サービス料込)

■主催
歌舞伎座サービス株式会社

■落語会のお問い合せ・申込
オフィス マツバ内事務局
050-3497-5500
rakugoyoyaku@yahoo.co.jp
イープラス

ページの先頭へ