ホーム > 最新情報 > 催し物

「第44回 江戸落語を食べる会」(桂文治)開催のお知らせ

7月の「江戸落語を食べる会」は、最多7回目!の出演となる桂文治師匠。

今回の演目は『火焔太鼓(かえんだいこ)』。
お人好しで気の小さな道具屋の甚兵衛。
たまたま仕入れた「火焔太鼓」を叩いてみると・・・
文治師匠の話芸が堪能できる、古典落語の名作です。

噺の後には勿論、歌舞伎座厨房特製の「幕の内弁当」をご用意。
お食事処「花篭」で楽しい一時をお過ごしください。

※桂文治出演の第三十三回第二十五回第十九回第十一回第五回の様子もご覧下さい。

■出演
【十一代 桂文治】
昭和61年4月十代目桂文治に入門「がた治」
平成2年6月二ツ目昇進 二代平治
平成11年9月真打昇進
平成24年9月十一代 桂文治を襲名
NHK新人演芸大賞、文化庁芸術祭新人賞など数々の賞を受賞。江戸から続く落語会の大名跡 桂文治を襲名。これからの落語界を担う実力派の噺家。


■演題
『火焔太鼓』を味わう

■料理
「幕の内弁当」

■日時
平成30年7月30日(月)開場18時/開演18時30分

■場所
歌舞伎座3階『お食事処 花篭』
東銀座駅(日比谷線・浅草線)
周辺案内図
※当日は歌舞伎座正面玄関からの入場はできません。GINZA KABUKIZA地下2階木挽町広場セブン-イレブン前の通路突き当たりのエレベーターより3階までお越し下さい。
また、歌舞伎座タワー入口からもご利用いただけます。(昭和通り側の赤色のエレベーターです)


■会費
7,000円 (落語2席・食事・お土産・税サービス料込)

■主催
歌舞伎座サービス株式会社

■落語会のお問い合せ・申込
オフィス マツバ内事務局
050-3497-5500
rakugoyoyaku@yahoo.co.jp
イープラス

ページの先頭へ