ホーム > 最新情報 > 月替わり・お勧め

1月の木挽町広場、注目のお土産を紹介します!

【 虚籟庵(きょらいあん) 】
奈良時代に日本へと伝わった絹織物「つづれ織り」。
織物の細かな模様は、美術品とも呼べ、熟練した職人でも織れるのは、1日にわずか 2~3cm。帯を初め、ポーチ、扇子入れなどをご用意しました!その丈夫さから、母・娘・孫と三代にわたって愛用できると言われています。
お求めはお早めに!
※1月15日までの限定出店
《「扇子入れ」4,104円~ 「ストール」6,480円から》


【 軽井沢彫金アトリエ 】
彫金作家 加納忠毅さん が創りだすオリジナルアクセリーを販売。
東京のシンボルツリー「銀杏」や「薔薇」、「蝶」など自然をモチーフに、彫金と天然石を大胆に組み合わせた手造りのネックレスやブローチ。一点ものの魅力をご堪能ください。
《「蝶のアクセサリー」32,400円など 》


【 水心の「かんざし」・「プチコサージュ」 】
水引家紋の実演販売が人気の「水心」から、桜をモチーフにしたかんざしとプチコサージュが新登場。鮮やかな色合いは、日本の伝統が息づく水引ならでは。
プチコサージュは式典など、晴れの舞台にお勧めです。
《「プチコサージュ桜」5,600円~ 「かんざし桜」1,500円》


【 蘭蝶 】
人気の「細帯」を使った、春らしく軽やかなコーディネートをご紹介。
細帯は、結びも簡単♪気軽に着物が着用でき、座席でも気になりません。
さらにリバーシブル柄で楽しさも2倍!!
帯地のバックとあわせて、ご観劇はいかがでしょうか。
《「細帯」35,640円から 「バック」31,320円》


※価格はすべて税込です。
木挽町広場出店一覧もご覧ください。

ページの先頭へ