ホーム > 場内 お土産処「木挽町」のおすすめ品、追加商品のご案内!(2月)

場内 お土産処「木挽町」のおすすめ品、追加商品のご案内!(2月)

2019.02.07

お土産処のおすすめ、新たに3品をご紹介します。

まずは、昼の部『義経千本桜 すし屋』から、純米吟醸「権太の涙」 (300ml)760円。
舞台の奈良県吉野郡下市町産の「ヒノヒカリ」を 100%使用した、香りがよく、呑みやすい辛口の純米吟醸酒です。


『名月八幡祭』より、深川名物「深川おかきマカロン」1,080円。
おかきの間に白いんげんをベースに、小豆・チーズ・カボチャ・黒胡麻・きなこ・抹茶・さくら、七種類のクリームを挟んだ“和のマカロン”です。


「ひな祭り」を祝う季節の品をご紹介。水飴、寒天などを練り込んだ柔らかい食感の「おきな飴」(左・500円)に、「キャンディー」(中央・450円)。桜柄の金太郎飴「和のこころ さくら飴」15個入(右・400円)など、この時期人気のお土産です!


以下は前回ご紹介の商品となります。

昼の部『義経千本桜 すし屋』から、「寿司飴プチギフト」600円。
今にも食べられそうなお寿司の形をした、飴細工菓子です。
寿司桶に握り4貫、海苔巻き3個が入り、見た目も可愛らしく、贈り物や海外へのお土産として人気!


『団子売』からは、江戸名物「羽二重団子」630円。
きめ細かく“羽二重のようだ”と賞され、それがそのまま菓名と・・・。丸めて平たくした、昔ながらの生醤油焼きと、こし餡の2種類セットでご用意。


夜の部『熊谷陣屋』より、「直実 上撰」(300ml)650円。
直実の地元、埼玉「熊谷」の地酒です。
地の酒米「さけ武蔵」を使い、柔らかで上品な味わいが特徴。


※2月7日更新
※価格はすべて税込です。

ページの先頭へ