建替え現場から

サンプル採取

今回は、第四期歌舞伎座から採取された、部材サンプルについてお伝えします。
瓦、石材、木材等は丁寧に取りはずされ、その一部は、今後の様々な用途のため、整然と保存されています。


サンプル採取

歌舞伎座の主だった瓦と、正面玄関の石類です。屋根や躯体と密着していたものもあり、それぞれの取りはずしは、慎重に行われました。




サンプル採取

上の写真は、廻り舞台の円周を囲んでいた、床組の木材(松)です。材木自体しっかりしたもので、狂いもなく組まれていました。




サンプル採取

プロセニアムアーチ(舞台と客席を区切る額縁状の構造物)の檜の木材。ちょっと削ると、今もなお、檜のいい香りがします。戦後の厳しい状況の中でも、苦労して良質な木材を集めたことが偲ばれます。




サンプル採取

正面玄関や1階東側ロビーで使われていた欄間です。


今まで親しまれてきたこれらの採取部材は、サンプルとして保存され、新しい歌舞伎座に再利用するもの、デザインを継承するものなど、今後検討されていきます。

HOME > 建替え現場から

ページの先頭へ