1階お土産処「木挽町」のおすすめ品、追加情報(8月)

更新日:2022.08.06

「八月納涼歌舞伎」演目ゆかりの品など、1階お土産処「木挽町」のおすすめ品をご紹介します。

【注目の逸品!】

8月のおすすめは盛りだくさん!
第一部、手塚治虫原作『新選組』上演記念に、手塚漫画と歌舞伎のコラボ掛け紙に包まれた「鉄腕アトム弁当」2,000円(写真左)と、甘酸っぱい爽やかソーダ味の「新選グミ(10個入)」600円。

『新選組』からもう一つ。歌舞伎座の座紋・鳳凰丸入り、新選組の羽織をかたどった「羽織根付」750円(写真左)。第三部『弥次喜多流離譚(やじきたリターンズ)』から、東海道・平塚宿より、行列店のチーズパイ「湘南チーズパイ」800円(写真右)。

『弥次喜多流離譚』から、東海道の丸子宿、とろろ汁の名店・丁子屋の「とろろ芋羊羹」432円(写真左)。今月の限定商品は、葉山の老舗・日影茶屋「日影大福(2個入)」500円(写真右)。休演日を除き公演期間中、毎日販売します。

◇◆◇

【新選組コーナー】

第一部『新選組』関連の商品を集めた特設コーナー。歌舞伎座を背景に、歌舞伎の衣裳のアトムを描いた下敷きや、ポストカード、巾着、エコバックなど!電子書籍「新選組」もご紹介しています。

◇◆◇

お土産処「木挽町」、新たにおすすめの商品をご紹介します。

第二部『安政奇聞佃夜嵐』ゆかりの地・中央区佃島の老舗和菓子店・二葉家の「佃もち(4個入)」520円。
程よい甘さの求肥と酸味のきいた細かい干し杏がバランスよく融合されています。
8/6(土)・13(土)・20(土)・27(土)の4日間限定販売です。

以下は前回ご紹介の商品となります。

第一部『新選組』から、“手塚プロ公認”高田馬場・菓匠青柳の「アトムウランまんじゅう(2個入)」700円。
8/5(金)・11(木・祝)・16(火)・24(水)の4日間限定販売です。

同じく『新選組』から、新選組のふるさと高幡不動の名店・高幡まんじゅう松盛堂の「もえよ剣(8個入)」1,200円。
土方歳三のパッケージが目を引く銘菓です。

同じく高幡まんじゅう松盛堂の「歳三ようかん(5個入)」1,200円。
それぞれに歳三がよんだ短歌や時世が記され、見て味わって楽しむことのできる逸品。
練り羊羹は8月アフタヌーンティーでもご提供しています。

『新選組』からもう一つ。手塚プロのお膝元・高田馬場(新宿区)ゆかりの伝統野菜「内藤とうがらし」を使った、新宿ご当地七味「アトムshichimi缶セット」885円。
アトムの描かれた特別仕様の缶が魅力です。

第一部、『闇梅百物語(やみのうめひゃくものがたり)』から、可愛い“お化け”の焼印入り「納涼小巻」5個入780円。
もっちりのカステラ生地でなめらかなこし餡を包んだ津和野名物“源氏巻”を小さくカット。
夏限定の商品で、“納涼歌舞伎”土産にお勧めです。

こちらも『闇梅百物語』から、笑顔になれるかわいい妖怪の細工菓子「妖菓子~あやかし~(3個入)」648円。
アマビエは可愛らしくて甘酸っぱいソーダの味わい!ぜひどうぞ。

第二部『安政奇聞佃夜嵐(あんせいきぶんつくだのよあらし)』ゆかりの地、甲州・澤田屋の代表銘菓「くろ玉(4個入)」648円。
うぐいす餡をまるめ、こくのある黒糖羊羹で包んだ風味豊かなお菓子。1929年(昭和4年)の発売当初と変わらない製法でひとつひとつ手作りしています。

第三部『弥次喜多流離譚(やじきたリターンズ)』より、江戸時代から広く愛されてきた「安倍川もち(4個パック入)」750円。東海道・府中宿の名物です。
「黄粉」と「餡」に包まれた柔らかな一口サイズのお餅。表に描かれた浮世絵の喜多八も雰囲気抜群です。

東海道・品川宿より、しながわみやげ認定品、せんべい処あきおか「品川巻(75g)」540円。
かつては「海苔といえば品川」と言われるほど、美味しく良質な海苔の生産地として知られていた品川。口に入れるとふわっと磯の香りが広がり…やみつきです。

『弥次喜多流離譚』の舞台となる長崎の銘菓「クルス3種詰合せ(8枚入)」540円。
定番のホワイトチョコ(ジンジャー風味)に、龍馬が愛した珈琲クルス、長崎県産さちのか苺使用のしあわせクルス、人気の3種類をお楽しみ頂けます。

※価格はすべて税込です。

ホーム > お土産処「木挽町」のおすすめ品