1階お土産処「木挽町」のおすすめ品(5月)

更新日:2024.4.28

「團菊祭五月大歌舞伎」演目ゆかりの品など、「1階お土産処 木挽町」のおすすめ品をご紹介します。
※こちらの商品は「歌舞伎座オンラインストア」で販売しています!(一部商品を除く)

【注目の逸品!】

昼の部『極付 幡随長兵衛(きわめつき ばんずいちょうべえ)』の演目商品として、ゆかりの地・浅草、雷門のすぐ近く、この「どら焼き」を求めるお客様でいつも人だかりの亀十(かめじゅう)から「亀十どら焼き(黒あん・白あん)」各390円を販売します。(写真左)。※販売日は5月2日(木)・3日(金)・10日(金)・11日(土)・12日(日)・24日(金)・25日(土)・26日(日)。
夜の部『伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)』ゆかりの伊達藩にちなみ、仙台を代表する銘菓「萩の月(5個入)」1,250円(写真右)。※5月8日(水)からお取り扱いいたします。

浅草・亀十から、黒糖を使った「松風」280円(写真左)と、隠れた人気商品「うすばかりんとう」700円(写真右)も販売します。お楽しみに!※販売日は5月2日(木)・3日(金)・10日(金)・11日(土)・12日(日)・24日(金)・25日(土)・26日(日)。

5月の特別販売として、四世市川左團次丈を偲んで、左團次丈お好みの2品をご用意。京都・紫野和久傳の「れんこん菓子 西湖(5本入)」2,106円と、銀座あけぼの「揚げ塩(80g)」432円。

夜の部『伽羅先代萩』ゆかりの地・仙台から仙台銘菓、ふじや千舟の「支倉焼(はせくらやき)(3個入)」760円。
フレッシュバターと卵・砂糖・粉でさっくりと仕上げた皮に、クルミ風味の白あんを包み込み、木型に入れて形を整え「支倉焼」文字を浮かび出させ焼きあげています。

昼の部『鴛鴦襖恋睦(おしのふすまこいのむつごと)』ゆかりの地・箱根から、和菓子菜の花の「小田原うさぎ」290円。
地下115mからの地下水、こんこんと湧き出る「小田原の美味しい水」をつかった自家製の「あんこ」が特徴です。

『鴛鴦襖恋睦』より、仲むつまじく寄り添うおしどりの姿をかたどった、石谷精華堂の「おしどりの契り(12個入)」1,050円。
「おしどり夫婦」のように、円満をモチーフにした、ふたつでひとつの円になるデザイン、紅白の色遣いとゴールドの台座など、こだわりが感じられ銘菓です。

『鴛鴦襖恋睦』ゆかりの地・鎌倉から、鎌倉みやげの新定番、鎌倉五郎本店の「鎌倉チョコサンドだょ(6個入)」648円。
香ばしいビスケットをざくざく盛りこんだ厚切りショコラ。しゃりしゃりとした食感がくせになるおいしさです。

『極付 幡随長兵衛』より、登場人物・幡随院長兵衛にちなんだ日本酒「幡随院長兵衛(300ml)」900円。
そのまま冷やか、ぬる燗がお勧め。幡随院長兵衛を描いたラベルも魅力。観劇土産に好適です。

※価格はすべて税込です。

ホーム > お土産処「木挽町」のおすすめ品