ホーム > お土産処「木挽町」のおすすめ品(7月)

お土産処「木挽町」のおすすめ品(7月)

2021.06.28

提供:歌舞伎座サービス株式会社

「七月大歌舞伎」演目ゆかりの品をご紹介します。

【7月29日(木)追加販売のお知らせ!】
ご好評につき、「名代豆餅(3個入)」600円を、7月29日(木)の千穐楽に追加販売いたします。
ぜひご利用ください!

第三部『雷神不動北山櫻(なるかみふどうきたやまざくら)』の演目商品として京都で行列が絶えない老舗和菓子屋、出町ふたばの「名代豆餅(3個入)」600円を販売します。
出来立てを空輸するため、「お土産処 木挽町」での販売時間は午後1時頃を予定しています。
【販売日】
4日(日)・9日(金)・10日(土)・11日(日)・16日(金)・17日(土)・18日(日)・
23日(金・祝)・24日(土)・25日(日) 10日間の限定販売です。お楽しみに!
※7月29日(木)も販売いたします(7/25追記)

◇◆◇

第一部『あんまと泥棒』から、“不思議な名前”のかりんとう「大泥棒」540円。
昔、京都にあった菓子屋に泥棒が入り、盗まれたのが黒糖を固めたお菓子だけだった事があったとか…泥棒が金品をそっちのけで盗みたくなるような美味しいお菓子という思いを込めた「大泥棒」。京都「伊藤軒」の銘菓をぜひどうぞ!


第一部『蜘蛛の絲宿直噺(くものいとおよづめばなし)』から登場人物の坂田公時にちなんだ「金時力まんじゅう」6個入700円。
昔話でお馴染みの「金太郎」は、後に源頼光の家来となり坂田公時に改名したと伝えられています。
今回は、黒砂糖やはちみつを練りこんだ生地で、北海道産小豆のつぶ餡とおもち入りの「むしまんじゅう」をご用意しました。


同じく『蜘蛛の絲宿直噺』にちなみ、舞台となった京都の銘菓「京の扇子しょこら4枚入」900円。
ホワイトチョコレートを練り込んだ生地は“ほろり”とした食感。
扇子絵師が描き下ろした原画で鮮やかに彩った焼き菓子です。
※絵柄は変更になる場合があります


第二部『身替座禅(みがわりざぜん)』の衣裳でつくった「ハードカバーノート」。
実際に着用された衣裳を用いて、一冊一冊手製本で仕立てています。
サイズは、大( 縦216mm×横155mm )8,580円、小( 縦155mm×横114mm )8,030円の2種類。
限定数での販売です。



第二部『御存 鈴ヶ森 (ごぞんじすずがもり)』から、「清酒 幡随院長兵衛」300ml 850円。 長兵衛の生まれ故郷、佐賀で子孫が営む酒屋のオリジナルブランド!
パッケージに描かれた「幡随院長兵衛」の姿や「名セリフ」が、雰囲気抜群!
歌舞伎座限定飲みきりサイズ。キレのある味わいで、ぬる燗でも冷やでも、ぜひどうぞ。


第三部『雷神不動北山櫻(なるかみふどうきたやまざくら)』の舞台・京都から「雲龍(半棹)」980円。
絶妙な水加減・火加減で炊きあげた小倉餡を、しっとりと仕上げた村雨餡で一本一本手巻きした逸品。
雲にのる龍の荘厳で雄々しい姿を表現した「京菓子司 俵屋吉富」を代表する銘菓です。


こちらも「京菓子司 俵屋吉富」の糖蜜ボンボン「金魚づくし」980円。
日本の夏の風物詩「金魚」をテーマにした砂糖菓子。
ボンボンをほおばると、氷のようにシャリッ、中から甘い糖蜜がとろりとあふれだします。


成田屋ゆかりの銘菓をご紹介!
成田市の特別観光大使「うなりくん」をあしらった麩菓子「うなり屋 福がし」20個入540円。
昔ながらの職人技で、サクッと軽い食感に仕上げています。
大胆なデザインのパッケージも目を引きます。


※価格はすべて税込です。
※6月30日(木)更新

ページの先頭へ