ホーム > お土産処「木挽町」のおすすめ品(9月)

お土産処「木挽町」のおすすめ品(9月)

2021.08.28

提供:歌舞伎座サービス株式会社

「九月大歌舞伎」演目ゆかりの品をご紹介します。

【注目の逸品!】

第一部『お江戸みやげ』に因み、人形町の甘味處つくし「人形町 風鈴(ぷりん)」270円(左)。
創業当時のレシピを再現した茶碗蒸菓子、江戸から変わらぬ味をどうぞ。
第三部『東海道四谷怪談』お岩様の眠る妙行寺に因み、巣鴨みずの「元祖塩大福5個入」650円(右)。 昭和の時代から石臼で餅をつき、重厚感のあるしっかりとした歯ごたえのある大福に仕上げています。
【販売日】
2日(木)・3日(金)・4日(土)・5日(日)・10日(金)・11日(土)・12日(日)・17日(金)・18日(土)
19日(日)・20日(月・祝)・23日(木・祝)・24日(金)・25日(土)・26日(日) 
15日間の限定販売です。お楽しみに! ※「元祖塩大福」は16日(木)も販売致します。

◇◆◇


※下記の商品は「歌舞伎座公式インターネットショップ かお店」で販売しています!
(藤戸まんぢゅう、こうさぎ最中 を除く)

【追加情報!】
第二部『女伊達』から、舞台となる吉原・桜せんべいの「厚堅焼き 5枚入」各種400円。
こしひかり配合の新米を使用。醤油、胡麻、唐辛子の3種類をご用意。
荒川区おすすめ店認定、厚堅焼き中丸煎餅70年の味をぜひどうぞ!


第一部『須磨の写絵』から、在原行平にちなんだ長崎屋本店の「松風」760円。
ケシの実が香ばしく、パリパリとした歯ごたえ、松の木肌を思わせる表面。
江戸時代より変わらぬ製法を大切に守り続ける懐かしい趣の焼き菓子です。


第一部『お江戸みやげ』の舞台・湯島みやげ、ゆしま花月の「かりんとう単衣(ひとえ)」540円。
日本の伝統的な着物を模したデザインがとても華やかで可愛らしい一品。
艶やかでガラス細工のように美しい姿形が特徴。
三度揚げをした生地に上白糖を煮詰めたべっこう飴を絡めることで独特の食感を生み出しています


第二部『近江源氏先陣館』より、佐々木盛綱ゆかりの「藤戸まんぢゅう 10個入」860円。
源平の古戦場として知られる倉敷・藤戸の渡し。盛綱を案内し犠牲となった村人に供えられたのが「藤戸まんぢゅう」の起源と伝えられています。
生地には地元の麹を使用し、無添加、保存料不使用の素材にこだわった倉敷を代表する銘菓です。
※8日・13日・15日・16日・20日・21日・22日・27日の販売はございません(※9月8日更新)


同じく『近江源氏先陣館』から、舞台となる近江・琵琶湖の「近江抹茶だんご 12串入」540円。
滋賀で摘まれた「朝宮茶」を使用して作られた抹茶だんごです。だんごに包まれているこしあんとバランスもよく、控えめな甘さがお口の中で広がります。


琵琶湖産の天然小鮎を使った滋賀・木村水産の3品をご用意。「子持ちあゆの姿煮 (1尾入)」756円は、滋味豊かな子持ちの鮎をじっくり煮上げた古来伝承の味わい。
お箸で簡単にほぐれるほど柔らかく、頭から尾まで余すことなくお召し上がりいただけます。


鮎のほのかな苦みが、お酒のおつまみに最適な「小あゆオイル漬け [缶詰] 」972円。
素材を生かしたオイル漬けは、そのままでも、またはトースターなどで軽く焼くと、さらに美味しくお召し上がりいただけます。


古くから湖国の郷土料理として親しまれている「えびまめ 袋」85g 324円。
すじえびを国産大豆でほんのり甘く、やわらかく炊き上げています。


第三部『東海道四谷怪談』からは、巣鴨の名物「こうさぎ最中」5個入1,000円をご用意。
「こし大納言」「丹波大納言」「柚子」「あんず」「白あん」の5種類入。
可愛らしいうさぎの姿も評判です。


※価格はすべて税込です。

ページの先頭へ